『カーズ/クロスロード』を観てきました。【ネタばれ無し。】

『カーズ/クロスロード』を観てきました。

今朝、『カーズ/クロスロード』を映画館で鑑賞してきました・・・。

・・・泣けました・・・。

すでにボクの涙腺は

何年も前に崩壊してますので

いつでも簡単に泣いてしまうのですが、

なんだか、『カーズ/クロスロード』は

ずっと泣いてました・・・。

 

この映画、

完全に大人向けの映画です。

 

楽しいお子様向け映画だと思って

小さな子供を連れて行っても

お子様は飽きてしまうかも知れません。

(実際そんな親子連れがいました。)

 

そして、

散々、今まで

何で邦題は「カーズ3」では無いんだ!と

「カーズ/クロスロード」という邦題に批判的な意見を持っていましたが

映画を観てる途中で、

あぁ、確かに『カーズ3』では無いんだな・・。と実感しました。

というか、やはり正確には

メーターが主人公だったスパイ映画の『カーズ2』が

本当は『カーズ2』では無かったんですよ。

あれは、メーターを主人公にした「カーズ」のスピンオフ映画。

今作の『カーズ3』が本当の意味で『カーズ』の続編なのです。

1作目の「カーズ」から11年経ってからの続編、

年月を巧く生かし、1作目のオマージュも色々楽しめ

長年のカーズファンが納得できる良作だったと思います。

 

邦題の『クロスロード』という副題は

人生の「分岐点」という意味で使いたかったのかな?

と思ってましたが「分岐点」は英語で「クロスロード」では無いですから

きっとマックイーンとクルスラミレスの人生が交わった「十字路」と言う意味なんでしょうか??

 

まぁ、とにかく

カーズ3作で一番感動し、得るものが多い傑作でした。

もう1回劇場に観にいこうかと思ってます。

日本語吹き替えも良かったです。

広告
カテゴリー: 映画 パーマリンク